MENU
f_lunch_03

RACCOMANDATO おすすめ

当店のスペシャル

CAB認定 ブラックアンガス牛のフィレンツェ風グリル“ビステッカ”

アンガス牛はスコットランドのアンガス州原産で、無角黒毛が外見的特徴です。肉質は霜降りと赤身のバランスに優れ、ステーキが美味しい牛肉として有名です。日本へは大正時代に導入され、黒毛和牛の肉質向上のため交配されました。
そのせいか和牛にはアンガス牛に通じる香りを感じます。
USアンガスビーフの品質は、アメリカンアンガス協会(AAA)によって管理運営され、AAAはアンガス牛の繁殖農家、ランチャー、フィーダーなど、25,000以上の会員で構成される非営利団体で、1978年に米国農務省(USDA)の基準を上回る厳しい品質基準を設定し、サーティファイド・アンガス・ビーフ・プログラム(CAB®)と名付けた認定制度を開始しました。最高品質のアンガス牛だけをCAB®製品として品質保証し、安定供給を図っています。
アンガス牛の中でもCAB®に認定されるのは2割弱。アンガス牛なら何でもいいというわけではないのです。
しっとりジューシーで香り高く、赤身肉本来の肉々しい噛みごたえがCABアンガス牛の長所です。
フィオレンツァのビステッカ・アンガスCABをどうぞご賞味ください。

生クリームは使わない“本当のカルボナーラ”

イタリアではカルボナーラに生クリームは使いません。
「ただ単にそういうもの」というだけのことで、正誤の主張ではありません。
其々美味しければそれでいいのです。
「濃厚なのにくどくない」純粋な卵の美味さが特徴で、「シンプルを極めるのがイタリア料理だ」と現地で学びました。
その後20年来「本当のカルボナーラ」を作り続けています。

季節のおすすめ

※メニューやワインリストの内容・価格などは諸事情により変更させていただくことがございます。
ご理解の程お願い申し上げます。
お問い合わせ・ご予約はお電話にてお願いいたします。

© 2018 株式会社 カルペディエム Trendmake