MENU
diary_03

Valle D'aosta - ヴァッレ・ダオスタ -

ヴァッレ・ダオスタ州はピエモンテ州のさらに北、イタリア西北端に位置し、ヨーロッパ最高峰のモンテ・ビアンコ(モン・ブラン)、チェルヴィーノ(マッターホルン)、モンテ・ローザ、グランパラディーゾなど、4千メートル級の名峰に抱かれた美しい土地です。アルプスを貫くモンブラン、グラン・サン・ベルナルドという2つのトンネルは、フランス、スイス側への重要な動脈として、ヨーロッパ経済にも深くかかわっています。
人気の観光路線であるクールマイユールとフランスシャモニー、ブレイユ・チェルヴィニアとスイス・ツエルマットを結ぶロープウエイやゴンドラ、またスイス、フランスとの国境をまたいだ一大スキーリゾート等、日本でも既にお馴染みのエリアでしょう。

州都アオスタは、初代ローマ皇帝アウグストゥスによって造られましたが、その歴史は古く紀元前3,000年に遡り、現存する100以上の塔や城など重厚な遺跡から「アルプスのローマ」と呼ばれるのもうなずけます。

スイス料理としても有名な「フォンドゥータ(チーズフォンデュ)」はつとに評判ですが、ライ麦パンとフォンティーナチーズ、縮緬キャベツを重ねスープで満たし、オーブンでグラタンにしたズッパの傑作「ヴァルペッリネンスのスープ」や、「カモシカのチヴェッ」、「カルボナーダ」といった野獣肉などの煮込み料理も絶品です。
また、ジャガイモと豚の血を混ぜたソーセージ「ブーダン」や、カモシカの生ハム「ラ・モチェッタ」、豚の背脂の塩漬け「アルナッドのラルド」や、「ボセのプロシュット」、主食の黒パン等々、一度は味わいたいご馳走。

ヴァッレ・ダオスタの料理は保存性の高い肉料理・乳製品が多く、伝統的なリチェッタには、「魚介、トマト、パスタ、そしてオリーブオイルすらほとんど使用しないこと」が、他の州に見られない大きな特徴といえます。

▼ 下記より気になるタイトルをクリックすると内容をご覧いただけます ▼