MENU

ごあいさつ

こんにちは。当社のホームページにアクセスしてくださりどうもありがとうございます。

料理人になるべく東京に出てきてから、ずっとこの仕事が好きで続けているうちに、今では何軒かのイタリア料理店を経営させていただけるようになりました。思い起こせば色々なことがあったのですが、あっという間です。

なんとか歩んで来られたのも、私の料理を食べてくださったすべてのお客さま、丁寧に時には厳しく指導してくれた先輩たち、苦楽を共にした同僚や後輩たち、当社で一緒にがんばってきたスタッフの面々、イタリアで熱心に食文化を語り教えてくれた人たち(数え上げればきりがありません。)との出会いがあったからこそです。
たくさんの人たちに支えていただいたおかげと感謝しています。

これまでの道のりの中で私が常に気に留めてきたこと、そして今後も探求し続けることは『すべてのお客さまに対して真心を込めた最高の料理とサービスをお届けすること』。
それはその日その日の営業がどんなコンディションであっても変わってはいけないものであり、それこそがこの仕事のプロとして成すべきことと確信しています。

当社名の “カルペディエム(ラテン語:CARPE DIEM)” は、ローマ時代の詩人ホラティウスが詠んだ一節で、“この日を捉えろ”という意味。教科書にも載っているのでイタリアの小学生なら誰でも知っているフレーズなのですが、解釈は色々できるものの『一瞬一瞬に全力を注ぎすべてのお客さまに対して最高の仕事をする』という私のこのモットーにも通じていると考えています。

料理は、イタリアでの料理店探訪を重ねるうちにしみじみ美味しいと思うようになったイタリア各地に伝わる郷土料理を供しています。観光ではなかなか踏み込むことのないような “奥地” でのみ出会うことのできる料理です。そこでは、何世代にも渡って引き継がれ研ぎ澄まされてきた味覚があります。
もちろん素材の味を生かしきる工夫や手間を惜しまない料理です。

サービスは、お客さま第一。「お客さまが安心して寛げる心地のよい場とはどんなところなのか。そのような場をつくるために私たちは何に気を配りどう振舞えばよいのか。」ということを常に自らに問い続け、お客さまのお言葉や表情に教えていただき、日々鍛えていけたらと思っています。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

株式会社カルペディエム
代表取締役社長 橋本 直樹

社長プロフィール

静岡県出身。
高校卒業後18歳で料理界入り。
「ロアラブッシュ」、「ステラマリス」で吉野建氏に師事。
在伊中、ピエモンテ州ブラのスローフード協会からアドヴァイスを得て、各地に点在する優れた郷土料理店と伝統を受け継ぐ食品生産者めぐりを開始、ライフワークとする。これまでにイタリア全国380軒余りの料理店を訪れ、食べまくってきた食いしん坊シェフ。

下記イタリア料理店のオーナー。
「イタリア料理 フィオレンツァ」 京橋
「オステリア ココ・ゴローゾ」本郷
「トラットリア ラ・クローチェ」 茗荷谷

株式会社カルペディエム 代表取締役/総料理長