file No.21002:  アッティリオ・コンティニ(Attilio Contini)

【ヴェルナッチャ・ディ・オリスターノ】
オリスターノのヴェルナッチャ(有名なトスカーナの同名の葡萄とは別物)というワインは、一風変わってシェリーのようではあるが、シェリーとは別の、最もサルデーニャらしさを持った素晴らしいワインである。
ボクも以前から大好きでオールドヴィンテージのコレクションも持っている。
コンティニは、サルデーニャ最良のワイナリーのひとつで、アンナが「いいとこに連れて行ってあげる」と、行きたい所に偶然辿り着き嬉しくてビックリ。

【社長のパオロ・コンティニ氏と大学教授】
アンナが親しくしている大学教授と社長のパオロさん(左)。ワイン談義に花が咲く。

【フロール】
ヴェルナッチャ・ディ・オリスターノの特徴は、低く仕立てられた葡萄樹が地表近くで実をつけ、地熱を受けて完熟、長期に渡る独特の熟成に堪えられるような力強さと栄養分を獲得し、小樽熟成の際には樽内を満たさず、若干の空間を設けることでフロール(花)と呼ばれる酵母の皮膜に被われ、ワインを守り特有の芳香を得る手助けをすることにある。
シェリーの製法に似ているが、ソレーラ(より熟成した樽からワインの一部を瓶詰し、目減りした分をより若い樽から抜き出したワインで補充して、品質の標準化を図るシステム)は行なわないのでシェリーとは異なるワインと言える。