file No.17001:  オステリア カントーネ(Osteria Cantone)

チステルニーノの友人、ピエトロと妻のヌンツィア、また気のいい彼らの友人達を訪ねて、フィレンツェから1000km一気に車をとばしてやって来た。
丸1日アウトストラーダ。PAのバルで、パニーニしか食べていないので、胃袋はもうやる気満々。楽しみでワクワクしてきた。
チステルニーノから郊外へ向い、細いオリーブ畑を抜けてくると豪勢なマッセリーア(昔の豪農が所有する農場)を改造したリストランテが見えてきた。玄関は施錠されているので、インターフォンで来店を告げる。
店内は昔の建物をお洒落に改築してあり、とてもいい雰囲気。

「農場の前菜」は自家製のサラミ、自家製のリコッタとボッコンチーニ、干しトマト、カルチョッフィ、ココ-メロ(スイカではない瓜の一種)等野菜の酢漬け。
パスタは黒いカヴァテッリ・チェチ豆・イカのスープ仕立て。ラガナーリはこの地方独特の卵を使わない生パスタの一種。イタリアの料理書にも見つからない。
肉料理は兎のオリーブソースと仔牛のケッパ-風味。
他に鶏、仔羊、豚、牛10種以上と充実している。海から遠くないが、やはりメインは肉料理。