file No.12003:  トラットリア ラ・カンティネータ (アンコーナ)(Trattoria La Cantineta, Ancona)

【アンコーナの港】
州都アンコーナは、マルケ沿岸のほぼ中心に位置し、古くから港湾都市として栄えた。港にある古代の凱旋門が、歴史ある海運都市の名残りを今に残す。
現代でもアンコーナは巨大な港で、イタリア人憧れのギリシャ・エーゲ海クルーズの出航基地となっている。
港には10階建てビルディング程の高さがある、巨大な客船が数十隻も停泊している。

【ブローデット】
トラットリーア「ラ・カンティネータ」は、チェントロにある海鮮食堂。
1・2階に分かれた小さなサロンは、壁も窓もどこもかしこも古く薄汚れているが、名物の地魚料理はけっこう美味い。
お目当てはもちろん「ブローデット」。13種類の魚介がてんこ盛りになった魚介のスープ煮。

【ストッカフィッソ】
そしてストッカフィッソ(イタリア各地で使用される干し鱈で、塩漬けしていないもの)の煮込みは、あまりパッとしない干し鱈料理が多い中で、目の覚める美味さ。