file No.12007: ウルバニア (Urbania)

ウルビーノからほんの少し内陸へ入った小さな町、ウルバニア。
この町にはウルビーノのリストランテ「ヴェッキオ・ウルビーノ」で紹介された「タルトゥフォ・ハンター」に会う為にやって来た。

【タルトゥフォ・ハンター】
彼の店の玄関は施錠され、来店客はインターホンで開錠してもらい入店する。必然的に一見客は無く、タルトゥフォ・ビジネスで訪れる目的来店客しかいない。

はじめタルトゥフォを採る人というのは、アルバの年金生活爺さん達のように、趣味と小遣い稼ぎ程度にやっているものと思っていたが、彼のように大金を稼ぐ為に「山のダイヤモンド」を掘る人もいるようだ。

当日はフランス人のレストラン中卸業者が買い付けに来ていた。この人たち何となく異様~な雰囲気。

【美しいクラシックカー】
しかしこの日ウルバニアには、そんな異様なタルトゥフォ・ハンター達より楽しい事があったのだ。イタリア最大のクラッシックカーレース「ミッレ・ミリア」がこの町にチェックポイントを設置したのだった。

チェントロには背筋がゾクゾクすくような爆音を轟かせた、ロングノーズがカッチョいい往年のスーパーカーが次々侵入し、チェックを受けてガスの匂いを残し去ってゆく。