file No.10008:  カステッロ・ディ・ヴォルパイア(Castello di Volpaia)

【ワイナリーの熟成室】
キャンティ・クラッシコの中心地にあるワイナリー「カステッロ・ディ・ヴォルパイア」は中世の町並みがそのまま残る静かで素朴な高台の小さな町。
ワイナリーが町そのものと言った方が正確かもしれない。
優れたキャンティ・クラッシコを始め、高品質オリーブオイル、ワインヴィネガーなど、全ての生産品は無農薬、有機栽培で作られている。普通ワイナリーが同じブランド名でワインヴィネガーを生産することはない。
ヴォルパイアでは新しい試みとして別に専用の醸造施設を作り、ヴォルパイアブランドでのヴィネガー生産をはじめたそうだ。

【ジュリアーナと】
カステッロ近くにある農家「ポデーレ・ヴェルジェッリ」のジュリアーナおっかさん。ハチミツ、オリーブオイル、ワイン、ヴィンサントを作っている。もちろん全て無農薬、有機栽培、手作業。
エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルの品質は市場に出回る最高級品に勝る逸品。
ちょうど昼食を食べ終え、お父っつぁんが気持ちよく昼寝する為のグラッパを飲んでいるところにお邪魔してしまったが、何のためらいも無く笑顔で迎え入れてくれ、いっときばかり話しこんでしまった。
本当は玄関に「MIELE(ハチミツ)」と書いてあったからお店かと思って声をかけたんだが、売店ではなく善良な農家の自宅でした。
さんざお邪魔してあれこれ味見させてくれたので、お礼も兼ねて先ほどべた褒めしたエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを売ってもらうと少し値引きしてくれるものだから、「では、この美味しいハチミツも売ってください」と言うと、おっかさん「そんな気を遣わなくっていいのに・・・」と小走りに奥のキッチンへ行き、自家用に仕込んだ瓶詰めトマトソースを取ってきて「これ持って行ってよ!」とニコニコしながらボクのバッグに押し込んでくれた。
そして「いいかい。美味しいトマトソースを仕込む時は、ちょっとだけトマトペーストを加えるんだよ!」とおっかさんのヒミツレシピも教えてくれた。
こんなに嬉しい時間を過ごさせてくれたヴォルパイアに感謝・感激。
「ふるさと」としか言いようのないひと時でした。

【近くのヒマワリ畑】
夏のトスカーナの田舎風景。ひまわり油の原料種が収穫される。
秋になると一面首をうなだれて、気の毒なひまわりの姿に。