file No.06005:  トラットリア カ・デル・ヴェント(Trattoria Ca’ del Vento)

グラッパ山を中心に幾つかの町が点在する、バッサーノ・デル・グラッパの隣村ポーヴェ・デル・グラッパに、優れたオリーヴオイルを生産するイタリア最北限の生産者、ガブリエーレ・ガンベローニがいる。

スローフード協会でオリーヴオイルとチーズのスペシャリストとして信頼の厚い親友、クリスティアーノ・デ・リッカルディスが「面白いから行ってみなよ!」と紹介してくれた。

ガブリエーレがオリーヴオイル生産の傍ら経営するリストランテ、カ・デル・ヴェント(風の家)では、
そのエレガントな風味が素晴らしい自身のオリーブオイルを多用したメニューと、この時期外せないボクの大好物、白アスパラを楽しみにやって来た。

ベテランのカメリエーレ氏は極めて礼儀正しく、しぐさの一つ一つにプロフェッショナルとしての自信と誇りを感じるいぶし銀的な素晴らしいサービスで、稀に見るほど快適な時間を演出してくれる。ボクが勝手に選ぶ「イタリア最優秀給仕人」の1人。尊敬します。

ヨーロッパでは日本と違い野菜をクタクタになるまでじっくり茹でる。多くの日本人には理解出来ないかもしれないが、よく茹でる事で引き出される香りはその野菜の個性をより強調するものだ。そしてオリーヴオイルとの相性がよりよくなる。

白アスパラも例外なく柔らかく茹で、半熟卵とのコンビは定番中の定番。
メインディッシュは山積みの茹で上げ白アスパラに、カメリエーレ氏が目の前で作ってくれた「バッサーノ風半熟卵ソース」。

最後にひとふりするポーヴェ・オリーヴオイルが香りを引き立てる。たまらない美味さ!まだ早春でサイズが細いもの、喜びに満ちた白アスパラ尽くし。