file No.02001:  リストランテ ヴォルピーナ(Ristorante Volpina)

フィレンツェの友人、エンリカに教えてもらった、ピエモンテ州のオヴァーダ郊外にあるリストランテ「ヴォルピーナ」。

日本人だからといって必ずしも日本料理に精通していないのと同じように、イタリア人だからといって、誰もがイタリア料理に精通しているわけではない。
エンリカと彼女のパパは食べ歩きが趣味の1つ。たまたま通りすがりに入ったこの店が大当たりで、それ以来お気に入りだそうだ。ぜひ行った方がいいとお薦めされやって来た。

因みにこの時点でイタリアのグルメガイドに出ていない店。このクラスの内容にしては珍しい事。

【オーナーのステファノ】
ヴォルピーナのオーナー、ステーファノさん。もともと料理人だったが、今はサービスにあたっている。
客の微妙な要望にも積極的に応え、奉仕の精神が旺盛。
明るく元気で仕事が速く正確でとても親切、おまけに楽しい人柄。仕事にパッショーネ(情熱)を感じられる気持ちのいい人。

【前菜、白タルトゥフォのフラン】
刻んだタルトゥフォが底に沈んでいる。

【猪のブラザート】
赤ワインとブロード(だし)で煮込んだ猪肉。
日本ではよく「クセ」と言われてしまう「風味」が豊かで、コクのあるしっかりとした味わい。
洋梨とポレンタが付け合せ。