file No.02005:  北ピエモンテ(Nord Piemonte)

ピエモンテは「山の足」という意味。
山とはアルプスでその麓にあるところからそう呼ぶ。
中南イタリアに比べ、山の大きさや角度が格段に違い、天から覆いかぶさってくるような迫力で聳え立ち圧巻である。
これらの写真はヴァッレ・ダオスタとの州境付近の険しい景色。


【カレーマの葡萄畑】
バローロの影に隠れ、あまり有名でないカレーマというワイン。
ピエモンテワインが持つ筋肉質な性格のワインが好きな方には、ある意味お値打ち感のあるワインである。
地元でビクトゥネール種と呼ばれるネッビオーロから作られるカレーマは、バローロやバルバレスコに比べると小さなワインだが、より厳しい気候と岩の多い台地がつくる環境は、このワインに洗練された風味を与え、時として素晴らしい熟成を見せる。畑は非常な急斜面に石垣を積み上げた段々畑の棚式で栽培される。

【ヴァッレ・ダオスタ州付近の険しい山】
このような山が至る所にあり、吹き降ろす風は止むことが無いそうだ。

【サルーミ工房にて】
ヴァッレ・ダオスタにあるサルーミ(生ハムやサラミ類の総称)の工房。
写真はラルド・ダルナドゥを漬け込んでいるところ。
他にもロバのサラミや、牛の乳房の塩漬け、豚の血とじゃが芋のソーセージなどもある。