file No.02008:  バルバレスコ(Barbaresco)

北イタリア、ピエモンテ州のバルバレスコは、世界屈指の高品質ワインの生産地。
よく比較されるバローロとバルバレスコは兄弟と言えるかもしれない。筋肉質で、エレガントな兄のバルバレスコと、兄よりやや体が大きく、力持ちな弟のバローロといったらいいだろうか。
一口にバローロ、バルバレスコと言っても、生産者によって品質や個性に大きな違いが出てくる。もちろん価格にも。
既にブランドが出来上がっているので、掘り出し物を探すのは難しいが、ワイン好きな地元のオステリア(ワイン食堂)に行けば、時として ヴィンテージものの中から、安く仕入れた当時の価格のままワインリストに載っているという 幸運もある。

 

【マルケージ・ディ・グレージの葡萄畑からバルバレスコ村を望む】
テヌータ・チーザ・アジナーリ・デイ・マルケージ・ディ・グレージーのマルティネンガ葡萄園(手前)。
バルバレスコ最高品質の一つ。

【アンジェロ・ガヤのカンティーナ】
バルバレスコを世界に知らしめた進歩的生産者の先駆者、アンジェロ・ガヤ氏のカンティーナ。
イタリアで最もアーティスティックなカンティーナではないだろうか。ところどころにオブジェが置かれ、カンティーナ内も非常にきれいに整備されている。
この日試飲させていただいた、イタリアでも最高品質のシャルドネィの一つで、娘と母の名を冠した白ワイン「ガイア&レイ」。ガイア嬢はココ・ゴローゾの前身、旧フォルマーレ時代にご来店頂いた事もある。

【バルベーラ種の葡萄】
熟したバルベーラ種の葡萄。
以前は大衆ワインとして量産されていたバルベーラだが、近年になり品質重視のバルベーラも登場するようになった。
気軽にピエモンテワインを飲みたいときなど、バルベーラの中から面白そうなものを探すのもいい。