file No.02016: リストランテ ラ・ペルゴラ 1(Ristorante La Pergola vol.1)

ピエモンテ州のアルバから北へ10kmほど行った小さな村、ヴォルゴヌオーヴォ。
夜間なら村の中心地から3分歩いただけで暗闇になってしまう。
中心地で見つけられる唯一の頼もしそうな灯り(といっても他の地域に比べれば心細い限りだが)がリストランテ・ラ・ペルゴラだ。
ガソリンが少なかったせいもあるが、夜間小さな丘を抜ける真っ暗な道路を運転しながら少々不安を感じた。
この道で合ってんのかな~?この先に人里なんてあるのかな~?などと思わされてしまうほど人はもちろん車も通らない。
杞憂だった心配はさて置き、村に着くとリストランテはすぐに見つかる。
周りが真っ暗なので良く目立つ。

【エレガントな店内】
こんな場所でよくこんなエレガントな店をやっているなというような店内。
しかしタルトゥフォの季節のせいか、それなりに来客はあった。

【地鶏の温製テッリーナ】
地鶏の温かいテッリーナ。
一口食べて、こりゃ美味い!肉はホロホロっと柔らかく、じっくり焼かれた肉の香りが豊か。

【仔牛のアニョーリ】
仔牛のアニョーリ。
ロンバルディアではブロード(半透明の肉のスープ)に入る丸っこいラビオリが、ピエモンテではこんな形になる