file No.02028: オステリア アンティケ・セーレ (トリノ)(Osteria Antiche Sere Via Cenischia, 9)

このところ高級料理が続いていた上に、前日風邪もひき胃が痛む。
アスピリンを飲んで暖かくして寝たら調子いいのでアンティケ・セーレに。
庶民の味が懐かしく、「やっぱ、オレにはこっちが向いてるぜ!」と妙に納得しながら調子に乗って前菜のミストなどをたのんでしまうと、やっぱピエモンテだからいっぱい出てきた。それをペロッと平らげ、続く大麦のズッパが胃に優しく美味い。
しかし、わかっちゃいるけどついたのんじゃうスティンコ。子供の頃に憧れたハジメ人間の骨付き肉塊にガブリっ!男の拳よりデカイ。ちょ~満腹で死にそう。
料理はコテコテの郷土料理。素朴な味もいいし接客も親切で笑顔が溢れている。予算はフツーに食べて25euro位かな(ワイン抜きで)。
ブルロットのバローロは30euro。 トリーノ・チェントロからはちょっと離れているので徒歩では無理。