No.03009: ヴァルテッリーナ(Valtellina)

北ロンバルディアのソンドリオ県は州都ミラーノから北北東に130km、ブレーシャから北に120km、スイス国境に程近くサン・モリッツからは南にわずか80kmに位置する、「テーリオ(村)の峡谷」という意味のヴァルテッリーナと呼ばれる山岳地域で、谷を縫うようにコモ湖に向かう清流が村々を結ぶ、劇的に美しい景観を描く、アルプスを背にした山里の集落。

伝統的郷土料理の代表はピッゾケッリという蕎麦粉のパスタ。

テーリオ村発祥のこのパスタは、ヴァルテッリーナの特産品として他州都市のスーパーに工場生産品が並び、程々に知られているものの、手作りの本物はヴァルテッリーナでしか味わえない。
同じ蕎麦粉を用いて作られたポレンタ・タラーニャPolenta Taragnaは日本の「そばがき」と同様の代物。
さらにシャットゥというそば粉天種のチーズテンプラも特徴的伝統料理。
他州同様サルーミ(サラミ類)も一通りあるが、中でも牛肉を塩漬けして乾燥させたブレザオーラBresaolaはこの地域でのみ見られる珍味。
蕎麦粉料理に多用されるチーズはヴァルッテリーナ・カゼーラValtellina Casera、アルプスチーズFormaggio d’Alpe、ビットBittoなど優しい味わいで相性も良いものである。
ワインは地元でキアヴェンナスカと呼ばれ、ピエモンテ以外で成功する例の少ないネッビオーロ種を主体とする一連の保証付原産地統制呼称ワイン”ヴァルテッリーナ”と、より力強い”ヴァルテッリーナ・スフルサット(スフォルザート)”が傑出しているものの、国内での正当な評価はまだ始まったばかりで、過去にわたりこの地に資本を投下してきたスイスで最も高い評価を得ているようだ。