file No.03014: カッフェ ラ・クレ-パ (クレモナ郊外)(Caffè La Crepa P.zz G.Matteotti,14 Isola Dovrese(CR) )

ミラノの東南方向にピアデナという何の変哲も無い小さな町がある。
特に観光スポットがあるわけではないので、住人だけの本当に素朴なところ。
しかしこの町には一軒の素晴らしい食堂「トラットリア・デッラルバ」がある。
そしてもう一軒、ピアデナの町から北西へ10kmほどのイゾラ・ドヴァレーゼというローカルにも「デッラルバ」に劣らぬ当名店「ラ・クレ-パ」がある。
スローフード協会ピアチェンツァ支部の親友クリスティアーノ、そして妻のクラウディアと、田舎の香水臭うピアデナの小さな駅で落ち合った。
寒波押し寄せる大雪のロンバルディア大平原でも、イゾラ・ドヴァレーゼは晴天に恵まれイイ気持ち。
ピアッツァの一角にある古いパラッツォが当店。通りすがりのカップルにシャッターを押してもらい記念撮影して入店すると、彼らも当店のお客だった(笑)。
メニューはまず地域の名産品でお約束のサルーミ(ハム類)、絶品のマルビーニ入りトレ・ブローディ、米のサヴァラン・クラッシックラグー、川の幸のフリットミスト、そしてガチョウの肉をその脂で保存した「オカ・イン・テッ ラ-ニャ」はとても古いリチェッタ。フランスのコンフィを思わせる。
この店は食堂のサロンとは別にカッフェもあり、軽食、喫茶、ジェラート、焼き菓子なども気軽に楽しめる。
この町に行く人は少ないだろうがお薦めの逸軒。