file No.03004:  クレモナのパスティッチェリーア(Una Pasticceria a Cremona)

イタリア人のトルタ好きが良く分る、クレモナにあるパスティッチェリーア(菓子屋)の店頭。
半月後にナターレ(クリスマス)を控え、店内はトルタを買い求める客でごった返していた。
ガサの重いものはキログラムで表示されている。何れも素朴なうまさで飽きがこない。こんな菓子も実にいいものだ。

 

【①アネッロ・ディ・モナコ】
マントヴァのクリスマスケーキ、なぜか「モナコの指輪」?

【②トルタ・ゴンザーガ】
中世の領主ゴンザーガ家を称えた、チョコレートにピエモンテ産クルミを混ぜた「ゴンザーガのトルタ」。

【③トルタ・ズブリソローナ】
クレモナの「ズブリソローナ」。
ピアチェンツァよりちょっと素朴。

【④トルタ・グレーチャ】
「ギリシャ風トルタ」。
アマレットとストレーガのような香りがする、アーモンドパウダーの生地を発酵させたトルタ。

【⑤トルタ・エルヴェツィア】
「トルタ・エルヴェツィア」。
現在のスイス西北部地域で、古代ローマ時代の領地の名が付けられた、マントヴァ地方伝統のトルタ。

【⑥トルタ・タリアテッレ】
「タリアテッレのトルタ」。
ズブリソローナにパスタをのせてパリパリに焼いたトルタ。