file No.03003:  トラットリア デッラルバ 2(Trattoria dell’Alba vol.2)


【①ルマーケの白ワインソース煮】
ルマーケ(カタツムリ)の白ワインソース煮。
イタリア人でも気持ち悪がる人はいるが、北イタリアはルマーケの生産地、昔の貧しい農家の伝統料理だ。
今も昔も美味いものは旨い。

【②店内の風景】
店内はオヤジばかり。 なぜか知らぬが良質のオステリア(ワイン食堂)はオヤジ達が連れ立って来店し、女性の姿をあまり見かけない。
この日も店内はほとんど男ばかり、ある日の昼もやはりそうだった。
イタリア料理はお洒落の為にあるんじゃない。
日本との根本的な違いを感じる。 ハウスワインを頼んでほどほどの量を食べて1人30ユーロ位が目安。
でもイタリア人女性は留守番ばかりでかわいそう。

【③オーナーのオマルさん】
トラットリア・デッラルバのオーナー、オマルさん。
家族経営のこの店には彼の父や母、兄弟、おばあちゃんまでいるが、オマルが全てを取り仕切っている。
常に優しく丁寧で、微笑を絶やさず、キビキビと正確な仕事をする真のプロフェッショナルだ。ワイン・料理共、旨いものに精通し、イタリア全国旨いもの行脚をするのが好きなんだそうだ。この仕事に誇りと喜びを持ち、熱い情熱を持って今日も働く本当に素晴らしいカメリエーレの鏡!